これから会社設立をするのであれば気をつけるべきポイント

女の人

経営戦略の課題の一つ

紙幣

マーケットは大きい

会社設立の際に東京に設立するかどうかを悩む場合があります。東京は日本で唯一人口が増加している地域になります。その分マーケットも同時に拡大しているメリットがあるのです。しかし不動産価格は年々増加しており、固定費などもかかりやすくなっているのです。また人件費も他の地域より高くなっているため、利益を圧迫しやすくなっている特長があります。東京に会社設立したことで赤字になってしまうケースも少なくないのです。利益率が高いビジネスを展開するのであれば、東京に会社設立する事はメリットになりやすいのですが、コストを鑑みながらビジネスを行うような事業に関しては、デメリットになりやすいことを把握しておくことが大事なポイントなのです。

コスト対比の戦略

特に小売店などを展開する場合には、東京に会社設立するかどうかが経営の分かれ目になるケースもあります。東京はそれだけ他の地域と比較してコストが高くかかるのです。認知度がある企業であれば、東京に出店しなくても近郊の地域に出店することでも十分集客を得ることができます。そのため地方で十分認知度を高めた状態で、関東地域に出店する際に、東京をあえて外した展開を行う企業もたくさんあるのです。ビジネス戦略は、コスト戦略との戦いです。売り上げの向上が難しい現在においては、コストをいかに抑えて経営するかが重要な経営課題になっています。そのため東京の選択肢は極めて重要なのです。認知度と来店数を確保できる確固たる証拠がない場合にはリスクになるのです。